ヤングガンガン本誌より 【咲-Saki-】 <91局・追捕>


休載明けの 【咲-Saki- 本編】
立先生の目次コメントが ─── 『カップはるさめを買える人って心に余裕のある大人だと思う』
とあり、先生自体に余裕が無さそうで泣いた。
私的には ─── 『忘年会を素直に楽しめる人って心に余裕のある大人だと思う』
この季節、もう、ねえ……


ではでは、本編の感想へ。



前局、早和了り作戦を決行する末原先輩に切り込んだ咲さん。
場は南一局へ。ドラ表示

「オリだけやったら半荘2回は逃げ切れへん」

末原先輩の手牌 でリーチ。
当たり牌 の4面張にして満貫確定手。
東四局での失点をここで巻き返したいところだが、「んー おっかけるけどー」 と宮守女子のトヨネが動く。
そして、次巡。

トヨネ 和了 (ロン・5,200) ドラ表示

トヨネの待ちは  だけだったが、4面張が辺張に負けることも珍しくはない、と末原先輩は割り切る。
うん。これは仕方ないねえ。
私はゲームでしか麻雀をしないけど、駄目な時は何面張でも負けるよ。
現実でもそうなんじゃないかな。

このアガりを見て、咲さんは 「あんな手で追いかけるんだ………」 とポツリ。
いや、前局の咲さんも あんな手で槓するんだ……… 状態でしたがw
咲さんは自分も能力持ちだけど、それに関わらず、相手の能力に素直に驚く子ですよね。
リアクションはノーマル雀士な面が多々。
魔物モードとのこのギャップが良いな。

対する永水、霞さんの感想は 「ふんふむ……」
リピート。
ふんふむ。
こ れ は 流 行 る 。
誤植かと思ったんだけど、何やら超可愛いぞ。


続く南二局。
詳細は不明だが、この局もトヨネの追っ掛けリーチが炸裂。
リーチ一発の3,900でアガった。
「偶然やと思いたいけど………」
果たしてこれは本当にただの偶然なのか? という疑問が末原先輩の脳裏を過ぎる。

南二局1本場。

霞さん 和了 (ツモ・1,300・2,600) ドラ表示

南三局。

咲さん 和了 (ツモ・500オール) ドラ表示

霞さんと咲さんが淡々と制した。
咲さん、嶺上ツモのみの500オール……
これ県予選決勝で見せたジャブ ─── 肩慣らし中のような印象を受ける。
ウォームアップが終わったらと思うと……ゴクリ。

南三局1本場。
末原先輩の手牌 でリーチ。
しかし、ここで再び 「とおらばーリーチ!」
まるでデジャビュの如くトヨネが追っ掛け宣言。
無論、結末も同様に一発アガりとなった。

「また…!? これで3回目─── …!!」
「追っかけリーチをかけると先制リーチ者から直撃をとれる…
 そんな不思議があったりなかったりするのかしら」

データ研究してる筈の末原先輩が、このような露出の激しい技に何で無防備なのだろう。
とか思ってたら、トヨネは今までこの技を封印していたらしい。
シロ・Aislinn・胡桃・塞さんの活躍があり隠せていたとのこと。
宮守はこんな大技を隠して地区予選勝ち上がってきたのかっ、強いな。
ポイントゲッターはシロ・Aislinn、胡桃が守り、状況に応じて塞さんが攻守を ─── ってな感じかな。
Aislinnに至っては、地区予選和了率全国No,1だし。
確かに、各選手の安定感・バランスパラメーターは宮守が秀でているかも。
特に塞さんはオールラウンダーなイメージだ。
単に描写が多かった影響もあるだろうけど、攻守のどちらも任せられる闘牌を見せてくれた。



南四局。

さあ、トヨネの一発は偶然なのか必然なのか。

末原先輩 で、決死のリーチ!!

しかも 当たり牌 で、またまた4面張!?
高聴牌率に加えて、もうこれ末原先輩の能力なんじゃないのってくらい凄いよ。
少なくとも凡人ではないわ。
全国五指のレギュラー取るだけの実力をここに感じた。



トヨネ 和了 (ロン・5,200) ドラ表示


アカーーン!!(;゚Д゚)

リーチの結果、この場面は完全に先輩の負けという結果になった。
んん。
末原先輩の力には痺れたが、しかし、少し踏み込み過ぎてしまった所は否めないか。
和のようにオカルト完全否定のタイプではなく、取得したデータに基づいて純粋に対応しようとする雀士だと見えるので、疑心を頂いた時点で止める選択もあった筈。
これが個人戦だったら ”試す” のも良かった、だけど、これは団体戦で、追い上げられつつあるトップ目がするべき冒険ではなかったように思える。
私的に攻める姿勢とか自分を貫いてる姿は大好きなんだけど。
チーム戦を考慮すると、判断ミスと言われても仕方ないかも知れない。
まあ結果論だけど。

ただ、点差が平らになったとは言えども、まだTOPはTOPだ。
あれだけの高聴牌率を保有しているのなら、絶望するには早過ぎる。
このままズルズルと転落するのは頂けない。
今後の末原先輩にも注目したい。

「あの子の故郷でのあだ名は ─── 背向のトヨネ ───
 先制した者を後ろから縊く ─── !!」

宮守内で塞さん以外にリーチ描写が無かったのはこの為だったりするのか!?
それとも、ただの ”なかなかの偶然ですね” 現象?
伏線だったとしたら感動するわ。

でも、トヨネの能力ってネタバレしたら対策余裕な気がしてならない。
ダマでいけば良い訳だから、塞さんもわざわざ体力削って塞ぐ必要もないような?
トヨネにはまだ別の何かがあったりなかったりするのかも。




↑PAGE TOP














inserted by FC2 system